今日も楽しい陶芸: 中皿・墨流し・飛びカンナ 技法


今回は25cm程の中皿の紹介です

  • 粘土:半磁土 1kg
  • 紐作り

CIMG1933
作陶は亀板に乗せてやります。 内部の作陶をまるく均一に。 ヘヤードライヤーなどで半乾きに乾燥させて、まず、内側周辺にレースなどを当て、黒化粧土で蚊帳目をつけます。

蚊帳目技法

蚊帳目をつける時は、ろくろを絶対に回してはダメです。 ろくろを回すと、レースの下に化粧土が入りこみ、蚊帳目が浮かび上がりません。黒化粧土は、ちょっと固めにして、刷毛でレースの上から、置くようにします。 表面の光沢がなくなったら、レースを外します。 蚊帳目が出ます。

墨流し

黒化粧土をバックに、白、ピンク、青の化粧土を垂らしてます。黒化粧土は、通常よりも水を加えて薄めにします。 この方が流れ易くなります。

黒化粧土を塗り、そこに3種類程の化粧土を垂らし、すぐに、上下左右に傾けたり、回転させたりします。明暗が出てきます。ゆるゆるの化粧土が流れて混ざり合い、綺麗な文様がでました。

亀板に乗せておくのはこの作業の為です。 亀板の上であれば、作品を変形させることなく作業が出来ます。

ちょっと混ざり合い過ぎの感じです。必要であれは更に、色化粧土を追加をして垂らしてもOkayです。 でも、やり過ぎは禁物。

この技法では、同じものは絶対に作れません。 これぞ世界唯一の作品です。

紐作りで作陶を終え、内側は墨流しと蚊帳目で完成です。 外側は一晩乾燥をさせ、半乾きになったら、電動ろくろで削り作業をします。 この時のポイントは、全体の厚みを均一にします。 大きな作品ですので、特に高台などに土が残らないように、しっかりと削ります。
CIMG1932

飛びカンナ

削りが終わると、乾燥が進み更に固くなってきます。電動ろくろに乗せ、止め土で固定し、黒化粧土を塗り飛び鉋を当てます。 乾燥が進んでいますので、黒化粧土を塗り、点描用の飛び鉋をかけました。ほぼ、完璧な仕上がりです。

作陶のまとめ

削りを施し、作陶が完了した段階で、650グラム。更に細部を見直し、厚いところを徹底して削りましたので、最終の重量は、500グラムになりました。 ちょっと余談ですが、人間の感性は不思議で。 第一段階で、削り終えて持って見ると、重心が下にあり、非常に重い感じです。

そこで手の感触で、銅や腰の部分に厚みを調べると、それほど厚くは感じません。 そこでノギスで測ると、ちょっと厚いかなと感じる部分が7mm、口縁のちょっと薄いかなと言う部分が3mmです。 指で挟んで、だいたいの厚みを図るのですが、5mmくらいかなと思うと10mm近くあったりします。やはり、もっと感性を磨いていかないと良い作品は出来ません。

本焼き

大きな歪もなく、良い仕上がりになりました。
CIMG2224

  • 最終スペック
  • サイズ:   200mm(直径)、 40mm(高さ)
  • 重 量:   432グラム
  • 釉 薬:   石灰透明
  • 粘 土:   半磁土
  • 技 法:   紐作り
  • その他の特徴  内: 白、ピンク、青化粧土の墨流し、内外: 黒化粧土 蚊帳目  裏: 黒化粧土 飛び鉋文様

CIMG2225
裏側の飛びかんなの文様が最高に綺麗です。
特に中央部の文様は、細かな飛びの文様が出て綺麗です。
CIMG2226

陶芸好きな人には、一度試される事をお勧めします。 ちょっと、こてこてと言った感じですので、蚊帳目はなしで墨流しだけでも良いでしょう。

飛びカンナはある程度慣れが必要ですが、墨流しは誰でも出来ます。

墨流しの文様が綺麗に出ました。 全体が黒ですので、もう少し、ピンクと白の量を増やしたら、コントラストが付き、面白かったと思います。


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です