楽しい陶芸  紐作りと筒上げ、削りの基本


陶芸の基本中の基本 紐つくり

陶芸の基本中の基本に、手回しろくろの紐作りがあります。この紐作りが出来れば、陶芸も一人前と言う事になりますが、長年陶芸をやっている人でも、この基本的な技法を習得出来ていない人がいます。 と言ってもそんなに難しい話ではありません。この紐作りは、縄文時代から使われている技法で、小さな湯のみから、大きなカメまでも出来る技法です。

CIMG0717

紐作りが出来れば、こんな作品も自由自在です。

粘土: 半磁土 白
釉薬: 石灰透明
化粧土: 黒
重量:480グラム 高さ: 150mm

基本的な紐作りは省略します。 紐作りは出来る/やった事がある前提で話を進めます。

土の動きを考えた紐積み

紐を積み上げて、紐と紐の間は、内側は上から下、外側は 下から上へと土を動かし、継ぎ目をならして行きます。次は両手で土を締めながら、一定の厚みにして行きます。

この時、両手の位置は同じ場所で、厚みを感じながら。土を締めるだけでは、土は横と上に広がって行きます。 ですから、この時、土を掴んでいる両手を土を掴んだまま、互いの手の方へ寄せてやります。 こうする事で、土がしっかり締ります。 又、同じ位置で、ろくろを少しづつ回しながらやると、ぶれもなくなります。 もう一度、大事な事、両手を寄せて、土を締めます。

土が締まってある程度出来たら、木小手で、内部をならし綺麗にします。この時、絶対に必要なのが、ろくろを回す事です。小手は回転に負けないようにしっかりと根元を持ちます。 どんなに上手く、土を締めても、粘土の厚みには相当ばらつきがでます。 内部が真っ直ぐになったら、 外は、掻きべらで削ります。 そしてもう一度、内部を小手で。この時、広がってくる様であれば、もう一度、両手で土を寄せて締めてやります。 そうしてもう一度小手と掻きべらで。。この繰り返しを数回すれば、真っ直ぐにぶれなく、仕上がるはずです。

手の指で挟むだけでは、だんだんと広がって行き、ふにゃふにゃの芯がぶれた作品になります。 こうなるとどうしようもない作品になります。

筒上げーーー陶芸の基本中の基本

筒上げとは、紐を積んで行って、真っ直ぐな円柱をつくる事を言います。 この円柱が出来ると、 ここから、膨らませたり、広げるのは簡単です。 上の写真の花瓶も、最初は、直径10cm程の筒をつくり、下部は広げてまるみを持たせ、上の方は、少しずつすぼめて行って、細い首をつくります。

どんな作品でも、真っすぐに土を積んで、垂直のずん胴の筒を作ります。どんぶりや、お皿も同じで、真っ直ぐに立ち上げ、芯が取れ、成形が終われば、木小手などで、少しずつ広げて行って成形をします。 お皿は、高さが低くなるだけで、筒上げに変わりはありません。

電動ろくろもこれが基本です。 電動の場合は積み上げではなく、 土を上げて行って、筒を作りますが、やっている事は、真っ直ぐな空洞の円柱を作ります。

土の締め方・・・もう一度・・・それほど大事です

右手と左手を互いに寄せるようにして締めます。内と外の指で挟んで締めて行くだけでは、土が上と横に広がるだけです両手を寄せながら、かつ、指で挟んで締めながら 土の厚みと密度を均一にする意識で。。。。。必ず、覚えてください。

仕上げの基本は、内側は木小手で、外は削りで。

内側を真っすぐに、木小手で仕上げます。内側を削ると事はしません。外は掻きべらで削ります。 せっかく、内側を仕上げたのに、外を小手でならすと、内側に又、でこぼこを作るだけです。 ですから、内側を仕上げたら、外は軽く、掻きべらで整えます。
基本的には、削りは半乾燥ななった状態で行います。 しかし、極端にぶれている場合は削りましょう。

陶芸の作品の善し悪しは削りで来まる

最終的な仕上げは、削りです。 削りは、作陶をして、一晩か、半日ほど自然乾燥させて、半乾きになった状態で作業をします。 当然、周囲温度、湿度、作品の厚みで乾燥の度合いは変わります。

削りは、内部の形状に沿って全体を均一の厚みで仕上げるようにしましょう。 削りは、出来るだけ、湿台(しったと読みます)に載せて削ります。なぜなら、削りは一度では終わりません。 削ったら、厚みを確認して、さらに削る作業の繰り返しをします。それには、やはり、湿台が必要です。

削ったら、軽く指先で叩いて、その音で、厚みを判断します。土が残りやすいのは、やはり下の方です。高台は内寸と外寸を測り、高台の厚みを調べます。削りは、3mm程の厚みで削ります。5mmでは土が残りすぎて重たくなります。

もう一つの方法は、手で持って見てください。下に土が沢山残っていたら、下の方に重心を感じます。 高台回りに次いで、土が残り易いのが、腰や、胴のあたりでしょう。 この辺も思い切ってけ削りましょう。

ろくろ削りのポイント・ヒント

削りが下手な人はろくろを回しません。極端に言うと掻きべらを動かして削ってます。 ろくろは回り、慣性でくるくると回り続けます。ですから、削る時はしっかりと回します。

もう一つのポイントは、削り道具の持ち方と当て方です。 作品の出来が良くないとろくろの中心に置いても、ぶれが出ます。左回転で削りをする時、時計の方向で3時、真横に当ててはダメです。回転に負けて、所謂、レコード針の様に、回転の力に負けて何時までも削れません。

ではどうするか。 掻きべらは出来るだけ、刃に近いところを持ちます。次に、作品に刃を当てる方向は、時計の、20分~25分の位置で合わせます。ここであれば、作品の面に対して、直角に近い位置で合わせる事が出来ますので、ろくろの力に負けません。又、上級者になると左手の、指を作品のどこかに当て、右手と左手が安定するようにします。

以上のポイントで、あなたの陶芸の技術は格段にアップする事間違いありません。


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です