楽しい陶芸 三島手、象嵌、印花 化粧土 技法


化粧土を使う様々な技法

化粧土を使った色々な技法があります。
刷毛目: 化粧土を刷毛や、藁筆などで一気に塗る技法です。
三島手: 生地に、線彫りや、印花(スタンプ)等で文様を付け、化粧土を塗り込んで文様をつける技法です
掻き落とし:白化粧を塗り、絵や文様を付け 不要な白土を掻きべらなどで落とした技法。

粘土が白であれば黒の化粧土、赤は白の化粧土を使うのが一般的です。これらの作品に共通しているのは化粧土を使うと言う事です

三島手お皿
三島手お皿

 

25cmの、三島手皿

粘土:信楽赤

化粧土:

内部に白く、色々の文様がありますが、これが象嵌とも、三島手とも言います。

 

三島手技法

作陶後、印花を押します。印花は、印鑑みたいなもので、花の形をしているものが多い為、この名前が付けられています。
印花を押すタイミングは、素地が固くなると、印を押してもへこみにくくなる為、少し柔らかめの時に押します。
自分のデザインに合わせて、数種の印を使います。

陶芸ショップには、印花のセットを1500円位で売ってますので、陶芸好きな方には購入をお勧めします。又、余り粘土を使って、自分で印花を作るのも、陶芸の楽しみです。

印花を押したら、そのまま半乾きになるのを待ちます。 削りの固さ位です。
印花以外に竹くしで、丸い線を入れたり、線彫りをしても面白い景色が出ます。

お皿の削り作業をします。お皿の内側は作陶で仕上がり、印花を押してますので、内側は触りません。この後、やや硬めのマヨネーズ位の固さの化粧土を印花のへこみに溜める様に、刷毛で塗り込みます。印花の部分のみを塗れば十分です。
この後、ゴムべらで、余分な化粧土は取ってしまいます。

陶芸本には、化粧土がべたつかないくらいになったら、掻きべらで残った表面の化粧土を落とすと説明がありますが、この方法だと、文様を消してしまう可能性もありますので、もう一つのやり方をします。

スチールウールでの化粧土落とし

削りが終わったら、このまま乾燥させます。

素焼きの前です・・・要注意 乾燥したら、台所用の”スチールウールを使い、余分な化粧土を落とします。
丁寧に少しずつ落として行くと、文様が、少しずつ浮かび上がってきます。 完璧に不要な化粧土を落とす必要はありません。
やりすぎると、折角の文様が消えてしまいます。残った、化粧土も、景色となってくれます。

ノーマンリッチ陶芸悠々
ノーマンリッチ陶芸悠々

削り落した粉は廃棄します。又、他の削りくずなどと混じらない様にします。 スチールウォールの鉄分が、再生粘土に混じると、焼成で黒のぶつぶつが出てしまいます。

本焼きでは、透明石灰釉薬をかけます。


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です