USAtoday ジャックニコラウスが語る 現代のビッグスリー


コロニアル優勝 ジョーダン・スピーシのカムバック優勝

先週のテキサス州で開催された、コロニアルでは、ジョーダン・スピーシーが最終日を65の5アンダーでPGA8回目の優勝をしました。

スピーシーは今年のマスターズで、最終日バックナインで5打のリードを保てず、逆転をされました。 これで、2年連続マスターズ優勝を逃しました。 それ以後、スランプではないかと言われてましたが、これでいよいよスランプを脱出したかと言われています。3週間後には、オークモントで開催されるUSオープンの2年連続優勝を目指します。

USAtody紙、スポーツ トップニュース 2016.5.31記事

スポーツトップ記事として、ジャック・ニコラウスの談話が載ってます。 今週はジャック・ニコラウスが主催する『ザ、メモリアルトーナメント』の週です。

ジャック・ニコラウスは、ゴルフの帝王と言われ、又、彼の金髪からGolden Bear(金色の熊)と言われてました。

60年代中盤当たりが全盛期で、彼と、アノルド・パーマー、そして、南アフリカのゲーリ・プレーヤー3名がBig Three(ビッグスリー)と呼ばれていました。現代のビッグスリーに関して、ジャックニコラウスは語ってます。

 

現代のビッグスリー ジェイソン・デイ、 ジョーダン・スピーシ、 ローリ・マキロイ

今のPGAをリードするプレーヤを称して、現代(今日)のビッグスリーは、ジェイソン・デイ、ジョーダン・スピーシ、ローリ・マキロイと言われ始めています。 当然、現在の世界ランキングの1~3位です。その評価に対して、ニコラウスは次の様に述べてます。

彼らはそれぞれ、デイ=ザ・プレイヤーズ チャンピオン スピース=コロニアル、マキロイ=アイリッシュOpenに勝ってます。

ビッグスリーは、60年代中盤に、ニコラウス 4回、パーマーは全てのメジャーで7回、 ゲーリー・プレーヤは4回のメジャー優勝を果たしてます。

その一方、マキロイは4回、スピース2回、デイは一回のメジャー優勝を果たしてます。

ニコラウスは、彼らの時代には、単に三人がベターなプレーヤだっただけで、 他にも、ビリー・キャスパー、 リ・トレビノ、 トム・ワトソン等の優れたプレーやがいたと言ってます。

マスコミにビッグスリーとして取り上げられ脚光を浴びたのは、ある面、他のプレーヤーに不公平だったのではないかと言ってます。

今の状況はその時に似ていて、彼らが非常に優れたプレーヤーであっても、その後には、リッキー・ファウラー、バーバ・ワトソン、松山秀樹など、沢山の若いプレーヤーが控えていると言ってます。

誰かが、その3人の中に割り込んでもおかしくない状況で。 現在のゴルフ界には今までにないほどの沢山の優れたゴルファーがいると指摘してます。 ビッグスリーの時代と現在までは、しばらく間があっただけで、その間、タイガー・ウッズが飛び抜けていました。

現在、多くの優秀なプレーヤーが一つのパックの中にいます。 そして、ニコラウスは、タイガー・ウッズもその輪の中に戻ってくるだろうと言ってます。 タイガーは、5回のメモリアル優勝、79回のPGA優勝をしています。タイガーは2015年8月から欠場をしていて、今週のメモリアルも欠場の予定とのことです。

タイガーはきっとカムバックするし、フィル・ミケルソンもまだ終わった訳ではない。 彼ら三人はビッグスリーになる可能性はあると思えるけど、それを決めるのは、まだ、時期尚早であろうと、ジャックは述べてます。

それにしても、帝王の口から、松山秀樹の名前が上げられるとは、それこそびっくりポンだすな。。

以上 最新のアメリカスポーツ情報 英語の詳細は http://www. usatoday.com


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です