USAtody 最新情報 ツタンカーメンの短剣はエイリアンの助けで作られた 6月2日付


エジプトのピラミッドにまつわる謎が沢山あります。 特に、宇宙人のインべージョンと言う事が、アメリカでは話題になります。

USAtodayは6月2日付の記事で、ツタンカーメンの墓から見つかった短剣の分析結果から、短剣は隕石から作られ、エリアンが地球に来たのではないかと報じています。

アメリカの宇宙観とユーモアを含めての面白い記事です。 動画の英語は早くて聞きづらいですが、UFOの写真や短剣も載ってます。
USAtodayツタンカーメンの短剣から、隕石成分

隕石学&惑星科学ジャーナルに発表された研究論文によると、短剣から、隕石の成分が検出されたと発表

ジャーナルに発表された研究によると、ミラノ工科大学のダニエラ コメルリが率いる研究チームは、短剣の刃を最先端の蛍光X線で検査した結果、金属隕石と同様の組成を有していることを発見した。

短剣の成分の殆どは鉄だが、微量のニッケルとコバルトが検出され、隕石の鉄で作られたとしている。

Using X-ray fluorescence, a team of researchers, led by Daniela Comelli of the Polytechnic University of Milan, analyzed the blade and found that it has a similar composition to metallic meteorites.
A dagger buried alongside King Tutankhamun was made with iron from a meteorite, according to research published in the journal & Planetary Science.

ツタンカーメン王の短剣

短剣は、1925年にツタンカーメン王の体を巻いた衣装の下から、見つかった二つの内の一つ。 金の鞘と持ち手がついたこの短剣は、ツタンカーメンの右ももの辺りで発見されている。

以前の分析結果に基づき、長年にわたり考古学者達の間で、鉄の短剣の素は流星だったかどうか議論されてきました。

daggaer 短剣 sheath 鞘 thigh もも、大腿部 meteoric 流星 meteorite 隕石

The dagger was one of two, discovered in 1925, beneath the wrappings surrounding King Tut’s body. The iron dagger, which had a gold sheath and handle, was found by King Tut’s right thigh. For years, archaeologists have debated whether or not the iron dagger was meteoric in origin, though the researchers note, previous analysis of the dagger provided controversial results.

CNNの関連記事 (こちらの記事が分かりやすい)

ツタンカーメンのミイラ化された遺体や謎が多い副葬品は1920年代に墓が初めて発見された後、考古学者や歴史学者の関心を強く集め続けてきた。研究者たちは過去に、墓内で黄金の刀身と共に発見された短剣の材料は隕石との見解を示したこともあった。

古代エジプト時代には融解された鉄が使われることはほとんどなかったことから、他に見付かった工芸品なども隕石を使った可能性があるとの見方も出ていた。

今回の論文の研究者たちの結論は過去のこれらの主張に一定の信憑(しんぴょう)性を与える結果ともなっている。

論文は、古代のエジプト人たちは隕石を使っていたことも自覚していたと主張。装飾用や儀式用の優れた小物や道具などを作るため隕石の鉄成分に大きな価値を見いだしていたと指摘。

今回の研究結果は、紀元前13世紀のエジプト人たちが「空の鉄」と訳せる新たな象形文字に言及していたことの背景要因につながるかもしれないと分析した。

多くの科学者や考古学者達はこのような事を盛んに研究をしているのですね。 USATodayの動画ニュースでは、この発表を受けて古代エジプト人は、エリアンの支援を受けて、あのピラミッドを作ったのではないか、この短剣はエリアンが作ったのではないかと面白おかしく伝えています。

鉄器時代以前に作られたこの短剣がどの様にして作られたのかは未だに謎と言う事がこのストーリーの背景にある様ですね。

でも、エイリアンの関与があったかどうかの確証には至らないと述べています。

 


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です