時事放談 アベノミックスの行方と、新自民党公約 消費税の行方 声を上げよう日本人


阿部政権が消費税上げを先送り

先日の伊勢志摩先進7カ国サミットが行われた直後です。マスコミでは世界経済が減速傾向にあるとの事で、7カ国の首脳の日本国の消費税増税に対する反対意見が強く、結局はその圧力に屈したのではないかと思います。

と言うのも、それまでは『リーマンショック』の様な事態が起こらない限りは消費税値上げは予定通りやると、与党が口をそろえて言っていたのが、一点、先送り。 もう一つの理由は、7月に行われて予定の選挙対策でしょう。 多分、消費税を上げたら、選挙に悪影響がでると判断したのでしょう。

先程のニュースで、菅官房長官が談話を発表して、先般の消費税3%の増税で、個人消費が大きく落ち込んだため、増税を2年半先送りしたと発表しておりました。 つい先日まではアベノミクスは大成功で順調と説明していたのに、今日からは手のひらを返したように別の事を言ってます。

もし、アベノミクスが成功しているのでは、日銀に圧力をかけ資金供給を増やし、又、年金運用の株式の比率を上げたために、その資金が株式市場に流れ込んで、株がある程度上昇しただけです。 

それに対して、民進党とか言う訳の分からない、鳥合の衆がアベノミクスの失敗、与党の失策と責任追求ばかり。。自分らが与党の時代には、政治家としての能力のなさを露呈したのに、その残党が他人の失策ばかりを追求をし始めてます。
政策も基本的な考え方の違う、弱小政党の固まりが、反対の為の反対をしているのは過ぎません。

こんな連中だから、国民は仕方なく自民党に投票しているのに、これを阿部さんは勘違いして選挙に勝った。そして、自民党の公約は信任された。だから、国民は反対している原発は再稼働し、そして、海外までにも原発を売り込もうとしてます。福島の事故に学ぶことは一切せずにです。

又、トップ外交に称して、八五億円の費用を掛けて、あちこちを訪問、いろいろな名目で金をばら撒いてます。 国は1000兆円もの借金があるのにですよ。 インドネシア訪問では、インドネシアの新幹線は、日本の新幹線に決まったような事を言ってましたが、結局は中国にもって行かれました。

借金地獄の日本が、地球温暖化対策、アフリカの支援などなどの名目で、数百億円の供出などなど、我々庶民では全く理解できない金使いです。 収入が無かったら、お金は使わない。 小学生でも分かる常識がこの人たちは無いんです。

東京都知事の金の問題が、今日の政治家をもの語っていますね。 地方の県議、市議レベルでも金の使い道を問題が次から次へと出て来ます。 政治の世界に入った途端に、金欲と権力を勘違いしてしまうのですね。

熊本の地震災害救援のため、八百億円の緊急予算が組まれたとか。。。災害支援、これは絶対にやるべきです。でも、不思議なのが、このようなお金がどこから出てくるのでしょうか? 多分、国、各省庁が色んなポケットを持っているのでしょう。

やはり、民主党時代に叫ばれていた税金の無駄使いを徹底的になくすべきでしょう。民主党は何もできませんでしたが。。。

7月の選挙も分かりませんね。最高裁判決で、今の選挙制度は違憲状態にあると判断されているのに、小手先の数字のつじつま合わせをしただけで、選挙をやろうとしているのです。 憲法違反と言う事は、憲法に(法律に)違反していると言う事で、その様な行為をする人を、一般世間では、犯罪者と言います。

NHKで放映されている国会予算委員会が良い例ですね。野党はテレビを意識してのパーフォーマンスばかり、出てくる政党の質疑と言えば、同じ様な質問の繰り返し。。。何という恥さらしな。。おまけに、運営の仕方も実に非近代的な。。質問者が質問すると、答弁者はのらりくらりと、マイクの席に向かい、原稿を読んで、席に戻り、又、戻り。政治家と言うのはよっぽど運動不足のようですね。

民間であれば、双方の必要な出席者を選び、全員を並ばせ、マイクを全員に設置しておけば、今の時間の半分以下でもっと実のある審議が出来るでしょう。 又、単に聞いているだけの議員なんか要りませんね。 この人らの任期中に一人当たり、4~5億円の費用が発生しているのです。

特に野次だけの為に出席している議員など、要りません。又、二院制も形だけで、一院制で十分です。 これだけで、議員は三分の一で済みます。 まずは政治家自身が身を切る対応をして、無駄を省いた上でお金の使い方、税はどうあるべきか論じる必要があります。

それと、忘れてはならないのは、消えた年金資金です。 この問題に対してだれも責任を取ってないし、消えた年金資金を棚上げにして、国民に税負担の形で、責任を転嫁しているだけにしか見えません。

今の政治制度を大きく変えるのは若手のリーダーが必要でしょう。 その為には、大統領制を導入すべきと思います。そうでないと、いつまでも派閥制度がなくならず、革新的に政治は出来ないでしょう。 

日本のビジョンと価値観

昔の事を言うのは年寄りになった証拠ですが、敢えて昔の事を言います。

私の小さい頃は、家には裸電球が数箇所、水道はないので井戸、車はないので、自転車かリヤカ、靴を買って貰うのは年に一回。

外食は、街の食堂に行って、素うどん見たいなものに葱の刻みと数枚の鳴門が入ったもの。 これを初めて食べたときのその美味しかった事。今でも覚えています。

そんな状況でも、親は子供4人を育て皆まっすぐに育ちました。 子供の頃、それが不幸だとも貧乏だったと思った事は殆どありません。

今はどうでしょう。 物があり余り、外食をしようと思えば毎日でも出来ますし、車を持って、スマホを持って。子供や大人もスマホや携帯。 家にはテレビが各部屋に。パチンコ屋には、年寄りから、若手まで人が一杯。
ゴルフの練習場は、元気なシルバーで一杯です。

幼稚園、保育園の問題がありますが、昔はそんなものはありませんでした。子供は親や、じいちゃん、ばあちゃんが立派に育ててました。

一方今は、世の中 全てがお金中心となり、生活、子供、そして多くの社会システムに対する価値観が変わってしまったのです。

この変化に対して、お金を出して何とかしようとするのが、今の政治ではないかと思います。 これではお金は幾らあっても足りないし、消費税を10%にしても足りないでしょう。 言いたいのは、政治家がもっと国のビジョンをしっかり持つべきではないかと思います。

哲学を持たない、高学歴教育を受けただけの政治家たちが、選挙だけの為に無駄な時間と金を浪費しているにしか見えます。

自民党は3日、参院選公約を発表 Yahoo News

自民党は3日、参院選公約を発表した。デフレ脱却に向け、安倍晋三首相の掲げる経済政策「アベノミクス」をフル稼働させる考えを示し、消費税率10%への引き上げ再延期と今秋の経済対策実施を明記した。アベノミクスの「成果」を活用して社会保障政策も手厚くすると強調し、経済最優先を前面に打ち出した。

公約は「アベノミクスのエンジンを最大限にふかすことでデフレからの脱出速度を更に上げる」と強調し、名目国内総生産(GDP)を戦後最大の600兆円に押し上げると明記。具体策として、低金利を生かした財政投融資で、リニア中央新幹線の大阪開業前倒しや整備新幹線の建設推進など、今後5年で官民あわせ30兆円規模の事業を確保するとした。最低賃金1000円▽訪日外国人観光客数4000万人(2020年)▽農林水産物の輸出額1兆円(同)目標の前倒し--などの実現も掲げた。

経済成長に伴う税収増を活用し、女性や高齢者、若者が活躍できる「1億総活躍社会」を実現すると明示し、保育と介護の受け皿をともに50万人分増やす▽保育士の給与を新たに2%改善▽介護士の給与1万円改善▽給付型奨学金の創設検討--などを盛り込んだ。

社会保障政策については「赤字国債に頼ることなく安定財源を確保し、可能な限り社会保障の充実を行う」と明記。増税延期と赤字国債の発行を提案している民進党をけん制した。

お粗末なビジョンのない公約

全くお粗末な夢も希望もない公約です。 我々に出来る事はこの選挙で徹底して、立候補者を一人一人を分析し、無能な政治家を排除する必要があります。 残念ながらこれ位しか出来ないのですが、政党ではなく候補者そのものを分析して、徹底した取捨選択をしましょう。

これ位しか言えないのですが、やはり、大統領制を導入すべきでしょう。 途中にギブアップした『第一次阿部内閣の 美しい日本を作りましょう。。』こんな訳の分からん事を言っていた総理大臣の資質は、本質の部分では変わらないようです。

でも、これに変わる政治家や政党がいないです。 大阪維新に期待をしていたのですが、橋本さんも結局はつぶされてしましましたね。 この人、国政に出るべきでしょうが。。


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です