スマホデビュー SIMMフリー  スマホ 


ASUS Zenfone Go  SIMM フリー
スマホ ZenFone Go ‏(ZB551KL)

以前から、使っていたサムソンのスマホが壊れてしましました。元々は、息子のお下がりで自宅のワイヤレスに接続して、インターネットやLine通話用に使ってました。 通話用のシムはありません。 だから、電話は出来ません。でも、パソコンと違ってすぐにアクセスできるので便利です。

最近は、シムフリーのスマホって売っているんですね。 簡単に言うと、ドコモやソフトバンクなどの大手の通信会社(キャリアー)の契約がなくてもスマホが使えます。 そして、WiFiの環境があれば、スマホが使えます。 私の様に家のワイヤレスにつないだり、フリーWiFiがあれば大丈夫です。

そうなると、使える場所の制限がありますので、どこでも使える様にしたいのであれば、最近はシムの販売をやっている会社が沢山出て来てます。

例えば、DMM Mobileであれば、Data通信だけの最低の通信量であれば、月額440円です。Data通信量が多い人は、それに応じた契約をしますが、大手のキャリアーより、相当の費用削減が出来るでしょう。

この時、携帯(スマホ)を持っておく必要があります。 それだけです。 子供の使い古しでも、最近は中古ショップも多くありますので、安く手に入ると思います。自宅で使うのであれば、WirelessLANが必要ですが、LANケーブルを家中引きまわさなくても良くなります。 もし、無かったら、是非導入しましょう。 設置も簡単です。

大手の法外な費用はありませんし、2年間等の縛りはありません。 この2年間も自動更新になっていてその途中契約を打ち切ると違約金をとられますので、この心配もなく何時でも、キャリアーの変更などが出来ます。

この問題は、国会でも問題になってましたので、いずれ解決するか、もう、手は打たれてのかと思います。 それにしても大手キャリアのエゴそのものですね。

こんな商売をやっているから、絶対にスマホは買うまいと思っていたのですが、シムフリーであれば、全て問題は解決です。

購入したスマホはASUSの商品で台湾製です。 何故これを??? ズバリ。。。一番安かったからです。。。
19800円(税抜き)です。 あとは自分でWiFiとLineのセットアップをするだけで、費用ゼロです。

デジカメとして見ても800万画素ですから、デジカメを買ったと思えば安いものです。 これで、海外の息子達との国際電話通信費もゼロです。 十分、購入した価値はあります。

簡単なインテーネット検索の為やEメール確認のために、パソコンを立ち上げる必要もありません。

Zenfone Go
プラットフォーム:     Android™ 5.1
本体カラー: ブラック/ホワイト/ブルー/レッド/ピンク
サイズ:                 151 ×76.9 ×10.7 mm
質量:                   160 g
対応CPU:            Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz
対応メモリ:           2 GB
ストレージ機能:     16GB eMCP
接続:                  無線LAN 802.11n/g/b
表示機能 :          5.5型, 1,280×720ドット(HD), IPS, 静電容量方式タッチスクリーン
インターフェース:  USBポート:microUSB×1
SIMカードスロット: microSIMスロット×2
カードリーダー:   microSDXCメモリーカード、
microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ:          マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
カメラ機能:          本体:前面 500 万画素 背面 800 万画素

品質、サービス、サポート面で少し心配ですが、デジタル商品ですので、信頼性はそんなに問題はならないでしょう。 Docomoショップへ行ってもアポなしだと、ちょっとしたサービスを受けるだけで、2時間以上も待たされた経験があります。

毎回機種変更をしに行くたびに、長時間の待ち時間にイライラさせられる経験を考えれば台湾製でも同じでしょう。 中国製でなければ、問題ありません。

SIMM(シム)とは

SIMはスマホやタブレットでネットや通話などをするために必要な小さなカードのことです。SIMカードには電話番号などの契約者情報が記録されていて、利用者を特定する役割も果たします。ガラケイも、Simが必要なのはご承知の通りです。

SIMカードには、IMSI(International Mobile Subscriber Identity)と呼ばれる固有の番号が付与されており、これと電話番号を結びつけることにより通信を可能とする。

SIMカードを抜き差しすることで、電話番号を他の携帯電話機に移したり、ひとつの携帯電話端末で複数の電話番号を切替えて使用したりすることができます。

Docomo, Softbank, AU等のキャリアはSIMにロックをかけることでユーザーが他のキャリアに移ることを防いでいるんです。自分の顧客を簡単に手放したくないし、これで、ユーザーを縛っているんです。ですから、SIMMフリーとは、このロックがない事で、SIMMカードなしでも、スマホが使えると言う訳です。

ナンバーポータビリティー制度になり、キャリアの選択が自由になりましたが、まだまだ、色々な制限や特典などを付けるなどで、何とか自分の会社のユーザーを確保しようと躍起になっているのが、メジャーなキャリアで、それに風穴を開けつつあるのが、Simの販売をしている会社です。

SIMMフリーのメリット:

先程の2年縛りが良い例ですが、その、呪縛から開放されるので好きなときに機種変更できます。
料金プランが非常にシンプルで、必要なものだけを付ける事が出来ます。例えば、Data通信のみとか、 使うだけのData量だけとか。。
MNP(ナンバーポータビリティ)もありますので、必要であれば、電話番号そのまま使えます。 他のキャリアに乗り換えたり、他のSIMMに変えたり出来ます。
先日の海外旅行でもスマホが役立ちました。 今や海外旅行の必需品です。 海外でもホテルや空港などFree WiFiが設置されてますので、日本との通話や、現地での情報の検索などとっても便利です。

ちなみに海外の通信コストは日本の半分以下でしょう。 日本のユーザーはもっとこのあたりを知り、声を大にすべきです。 使い捨て携帯であれば、2000円程で買えますし、3時間程の通話カードがついてます。

最近は、飛行機の中でも、フリーワイファイのサービスがあります。(航空会社によっては?)

一つのサービス会社の例ですが、DMM Mobile http://www.dmm.com/

Dmm.comと言う宣伝で良く聞く、大手のインターネットの会社ですね。 NTTドコモの通信網を使う様です。 ”通信速度業界最高クラス””業界最安値”とホームページでうたってます。

ライトプランのDataのみであれば、440円、 Dataと通話であれば、1440円/月で、サービスが受けれます。スマホの機能を十分発揮させるのであれば、もっと高くつくと思いますが、大手キャリアの半額程度になるのではないかと思います。

スマホのユーザーは月一万円程使う様です。 通信会社のぼったくり商売にまんまと載せられているとしか思えません。 こんな状況で、賃上げがどうこうとか、アベノミックスがどうだなど言ってます。 こんなもの全て無駄そのものです。 給料が少ない、子育てにお金がかかると言いながら、子供までもスマホを持たせている家族も多いですね。 余談ですがね。

ガラケイを持っていれば、通話機能も要りませんね。 そのうちに状況を見てガラケイも廃止の方向で検討をしたいと思ってます。 家の固定電話も必要ないでしょうし、今時でも、Faxを送ってくる人もいますね。

Lineのインストールと、初期設定

Lineの設定で大失敗をしました。 Lineをインストールして使えるようにしたのは良かったのですが、Lineの最新バージョンは、自分のEメール電話帳から、お友達を自動追加するようになってます。 この機能をOffにしていないと、自動でLineに追加されますので、初期設定でOFFにしましょう。

Netによると、アドレスブックをバックアップして、他のファイルに移しておき、アドレスブックを空にしてインストールした方が良い様です。 Lineの設定が終わり、この自動追加をOffにした後、アドレスブックを元に戻すことが必要のようです。

こんな機能、デフォルトでは絶対にOffになっているべき機能です。 少なくともインストールの時点で、その警告が出るべきべす。 こんなソフトだから、ベッキーの通信内容が漏れたりするのでしょう。 SNSは使い方を間違うと怖いですね。

設定は、メールアドレスと、携帯の電話番号があれば出来ます。 その情報をスマホの新規登録画面にインプットすれば、携帯にメールが来ます。 そこに書いてある、4桁の番号をLineに入力すれば、完了です。

これが、怖いのです。 これだけで、友人が自動で登録されたりします。 登録されたら友人へ、XXXさんが、知り合いかも。。そのFacebookと同じようなメッセージが相手に送られるようです。その時の条件は、こちらも、先方も自動追加の機能をOnにしている時そのようになるような仕組みだそうです。 そうなると、連絡もしてない人から、Lineでメッセージが届きます。 この友人を承認するとコミュニケーションが取れるようになります。

アドレスブックのリストに載っている人全てとLineで連絡をする事は等、通常はありません。ですから、これが、問題です。 他の機能でLineの情報をパソコンで読めるようにする事も出来ます。 ここらを変な設定をしていると、情報漏洩が起きるのではないかと思います。

後程、設定をもう一度見直すことにします。 今のところは、ヤバそうな機能は全てOffの状態にしています。

設定のやり方はネットで検索すれば、沢山アップされてます。 出来るだけ、最近の投稿の記事を選び、一つの記事に頼るのではなく、多くの記事を参考にして下さい。

SNSの怖さ見たいなものを初めて経験しました。 マイクロソフトが、Windows10に自動的にアップデートする問題と似たような所があります。 ある日、突然画面が変わったりしていたら、ユーザーはびっくりしますよね。


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です