まだまだ伸びる平均寿命 どう生きるこの長寿世界


いやほんまに暑いですな。(^^;)

この暑さの中、ゴルフの練習に行って来ました。 でも、パターの練習一時間と、あとは打ちっぱなし50球ですけど。。これでも頭はくらくら。。。熱中症になりそう。
IMG_egipt1
帰ってから、友達にLineで『ゴルフの練習をしてるかい?』と聞いたら、『体力と時間が?』との返事が返って来ました。 どうやら、体力と先の時間がないとの事のようです。 要するに年取ってどうにもならんとの意味のようです。

この会話はさておいて、このやりとりで思いだしました。先日、厚労省から、日本人の平均寿命の発表がありました。

厚労省発表、日本人平均寿命

2015年の日本人女性の平均寿命は87・05歳、男性は80・79歳で、いずれも過去最高を更新した。各国・地域と比較すると、女性は香港に抜かれて4年ぶりの世界2位、男性は3位から4位に下がった。厚生労働省が27日に発表した「簡易生命表」で分かった。

15年の平均寿命は前年と比べて女性が0・22歳、男性が0・29歳延びた。男女ともがん、心疾患、脳血管疾患の「3大疾患」による死亡が減ったことが大きいという。3大疾患で死亡する確率は女性が46・92%、男性が51・60%だった。

厚労省は、各年齢の人が平均あと何年生きられるかを示す「平均余命」の見込みを毎年計算しているそうです。「医療技術の進歩や健康志向もあり、平均寿命はまだ延びると予測される」と分析する。

日本人の平均寿命は戦後間もない1947年で女性が54歳、男性が50歳だった。女性は60年に70歳、84年に80歳を超え、男性は71年に70歳、13年に80歳を超えた。女性は14年まで3年連続で世界1位だったが、平均寿命が0・57歳延びた香港に抜かれた。

これほんまやろか? 中国は戸籍制度ってありましたか? 日本でも、年金ほしさに、亡くなった方を放置していたような例もありますので、一応の目安程度に考えておいたが良いでしょうね。

平均寿命の推計方法

平均寿命は、年齢別の推計人口と死亡率のデータを使い、各年齢ごとの死亡率を割り出す。このデータを基にして平均的に何歳までに寿命を迎えるかを出す。

日本の厚生労働省が発表している日本人の平均寿命は、ある程度以上の年齢のデータについては除外して計算している。

これは、あまりに少数の高齢の人物のデータを算入すると、その生死によって寿命の統計が大きく影響を受けてしまうからである。

データ除外の基準は年度によって異なり、2009年度の調査では98歳以上の男性と103歳以上の女性に関するデータは取り除いている。つまり、日本の「平均寿命」は、正確なデータではなく、実態より短めに計算されていることになる。

平均寿命が特に短い国はアンゴラ、アフガニスタン、ナイジェリア、チャド、スワジランドなど。一番短いアンゴラは男性が37.7歳、女性39.8歳しかない。特に長い国は日本、マカオ、シンガポール、香港、スイス、イタリアなど。たとえばマカオは男性81.5歳、女性87.5歳。つまり、アンゴラの平均寿命は、マカオのそれの半分以下である。

私は一人ひとりの寿命がデータ化されて平均寿命が算出されているかと思ってました。 あは~~(^^)あほやな。。そんな訳ないやろ。。

アフリカでは、未だに40歳未満の国もあるんですね。。やはり、貧困にあえいでいる人は寿命が短いようです。。。戦争はどうなんでしょう。 若い人が戦争で沢山死んだら、統計的にはどうなるんでしょう??? やはり、短くなるのかな?

江戸時代の寿命は30台半ばの様ですが、武士や、その時代の著名人は長寿だったようです。 やっぱり、健康には、栄養のとれたバランスの食事か?

健康寿命

もう一つの指標に健康寿命と言うのがありますね。健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことです。平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約13年の差があるそうです。

男性だと平均寿命が79.64歳で、健康寿命が70.42歳。
女性だと平均寿命が86.39歳で、健康寿命が73.62歳。

ちなみに2010年の厚生労働省データだと日本の女性71歳と世界一健康寿命が長いそう。海外で日本食が見直されている理由もここにあるのかも。

健康寿命や平均寿命を伸ばす方法は、すごく簡単に言うと健康寿命や平均寿命を伸ばす方法で大事なのは、適切な食事と、適切な運動と、適切な睡眠が大事なようです。具体的な国の取り組みなどは、厚生労働省のページに書いてあるそうですが、適切な食事というのは、塩分や糖分を取り過ぎない食事と言うこと。

いわゆる生活習慣病の原因の多くは食生活と言われているので、特に普段から塩分や糖分の摂り過ぎは注意したいですね。

それとこの健康寿命を短くする要因には: ①独身 ②タバコ ③ 心臓病だそうです。 何となく分かりますね。

時代別 平均寿命

紀元前11世紀~1世紀「縄文時代」の日本人の寿命は、
男女とも 14.6歳 だったそうです。

日本人の時代別の寿命にはいろいろな説がある様ですが、いろいろなネットに書かれている情報は次のような感じ。。だれもデーター等取ってないでしょうから、大枠でとらえたらいいでしょう。

縄文時代・古墳時代:  14~15歳 動物の寿命とほぼ変わらなかったようです
室町時代:                15.2歳 江戸時代:  20歳代後半~30歳
江戸時代:              30歳代半ば19世紀:   30歳代後半
明治13年:           男36歳 女 38歳
大正10~14年:          男 42.06歳 女 43.2歳
昭和22年:             男 50.06歳 女 53.96歳
昭和27年:                  男 61.9歳 女 65.5

平均寿命が伸びた一番の理由は「乳幼児の死亡率の減少」だそうです。大正末期
(1925年頃)までは、出生が1,000児に対して、150児(15%)も死亡していま
した。

それから、だんだんと低下して行き、1940(昭和15)年には、10%以
下、1947(昭和22)年には、7.65%、1961(昭和36)年には、5.2%、2002(平成
14)年には、3%まで、減少し、世界のトップクラスになっています。

世界の平均寿命を地図上に色分けしたビジュアルなデータがあります。 これを見るとアフリカ大陸は、ほぼ、まっ赤で、乳幼児の死亡率が高いのでしょう。

私の友人が正しいですね。。このデーターから引き算をすると余り先がないですね。 蝉の一生も短いけど、人間の寿命も短いですね。 地球が後、40億年住める星としたら、平均寿命はどうなっているのでしょう。 IPSの技術が進化して、老化を抑える薬や、細胞の再生技術が開発されてるかも。。でも、今の温暖化では、平均温度50度なんて事もあるのでしょうか?

残された期間、意味のある人生を送りたいものです。 そしてぴんぴんころりと。。。(^^)


投稿者: normanrich

某電気メーカーに勤務し、アメリカ駐在23年、国際部門として全世界を飛び回る。定年後の生活を様々な趣味を通じて楽しんでいる団塊世代のものです、日々の趣味の活動を、このブログでシェアして行ければと思ってます。 長年の海外生活と息子たちが海外にいますので、海外からの面白い情報もアップ出来たらと思います。 Mail address: norman.tomita+sakura@gmail.com

「まだまだ伸びる平均寿命 どう生きるこの長寿世界」への2件のフィードバック

    1. Tomのラインのメッセージからのブログです。 互いに健康に気をつけて、残る年月を太く長く行きましょう。
      せめてゴルフは、80台を目指そうぜ!!!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です