デッサンギャラリー



デッサン力アップで絵画の質を高める。 デッサンは絵画の基本:  デッサン作品:ブロッコリー


絵を描いたいと思った事はありませんか? 以外に絵は苦手と言う人が多いですよね。。『私には絵ごころがないのよ』など良く聞く言葉ですね。多分、幼稚園や、小学校の図工の授業で描いた思い出、どちらかと言うと、ネガティブなイメージが強いのではないでしょうか?

それは、無理からぬ事ですよね。 だって、先生たち、絵の描き方なんて殆ど教えてくれなかったんですから。。。『はい、今日はスケッチに行きます。水彩画を描きましょう』と言う感じ。。。ここまで極端ではないにしても、こんな感じではなかったかと思います

殆どの絵画の体験は水彩画から入りますよね。。でも水彩画って以外に難しいんです。画用紙は絵の具の水に濡れてぶよぶよ、白の部分は一旦色を付けると、もう修正不可。 色は混じって行くとだんだん汚くなって行きます。この様な経験が絵が苦手と言う事になるのでしょう。 でも、絵画は基本をおさえれば、以外に簡単で面白くなります。

絵画の基本はデッサン力・・・・皆知っていることですが実践は現実難しい

油絵、水彩、アクリル、コンテなどなど、絵画の画材は多くありますが、この基本となるのが、デッサンで、有名な画家さんや、彫刻家などの芸術家もまずはデッサン、そしてその次は模写でしょう。

デッサン力が、その絵画の善し悪しを決めます。あの有名な故人の日本画家の平山郁夫さんも、時間があれば、デッサンをしていたようです。 花をモチーフにした場合などは、葉っぱ、一つ一つを正確に描く練習をやっていた様で、ゴッホや、あの訳の分からんピカソも熱心にデッサンの練習をしていたそうです。 “デッサン力アップで絵画の質を高める。 デッサンは絵画の基本:  デッサン作品:ブロッコリー” の続きを読む