Youtube動画 染め付け だみ(濃み)の練習方法


今晩は、だみの練習についてです。 今、もっている本と、数週間前に西郷窯で、10分程度教わった染付けの基本を基に、だみの練習をしています。 

骨描きも結構難しいですが、だみはもっと難しくなります。 プロが作った作品でも筆跡が残っているものもあります。 Youtubeでプロの絵付け師の方がやっているだみの作業を見ると、でっかい筆を毛の根元の部分を絞ったり、緩めたりして作業をやってますね。
cimg3694
この作業は、呉須を塗っているのではなく、呉須を垂らして毛先で広げて、残った呉須を、毛先に吸い込ませているんですね。

今回の練習をやって見て、やはる最初は呉須をしっかり垂らすことが必要ですね。 最後の、毛先に吸わせるコツがわかると、大目に垂らすことが怖くなくなります。 又、HBの鉛筆で書くと、鉛筆に含まれる油性分が、土手(堤防の土手)になって、溜まりがはみ出すのを防いでくれます。 少々、はみ出しても、その方が味がある作品になります。

でも、言うは易し、行い難しで、非常に難しい作業です。 我々、素人の陶芸愛好家はそれ程沢山の作品を作るわけではありませんので、その技術の取得をするのは、ほとんど不可能に近いです。 でも、陶芸を愛するものは、やはり、染付けは極めたい。 そんな方への練習方法です。

できれば、だみ用の筆があれば、いいですが、今回は、習字用の筆でやって見ました。 これでも、最低の技術を習得は出来そうです。 いい呉須筆は¥5000円ほど、安いものでも、1000円ほどです。 ”弘法筆を選ばず”と言いますが、やはり、それように開発された道具を使った方がいいでしょうね。

私は、だみ筆を2本持ってます。 大きな筆で、毛の部分を持って、絞ったり、吸わせたり、面白いですよ。
筆には、たっぷり(適度に)呉須を含ませます。

必要な材料は、素焼品(又は陶片)と、HB鉛筆、筆、それとティッシュかタオルがあれば練習できます。

Keywaords: 垂らす、溜める、引っ張る、吸い取るです。

きっと、自分でも、満足出来るいい作品が出来ます。 この作業がある程度できたら、呉須をかって本格的な絵付けをやって下さい。 Where there’s a will, there’s a way.” リンカーンの名言です。

Youtubeへどうぞ。。(今回は3分に収めました。)


飛びカンナ文様 小皿の製作と本焼き作品


10月29日に書いたブログの作品の本焼きが出来上がりました。 ブログの構成を変更して、本焼きの紹介をします。
中皿は、ブログにあるように、途中でお釈迦にしました。 失敗の事例ですが、陶芸は失敗から学びますので、敢えて記事を残しておきます。

本焼き作品

こんなに綺麗な作品になりました。 途中ではいろいろと失敗はありますけど。。その話をしましょう。

失敗 1: 釉薬 当初の予定は、織部と黄瀬戸の予定だったんですが、話をしながら、施釉をしていたら、イラボの半掛けをしてしまいました。 結果オーライといった感じで、イラボも悪くありません。

失敗 2: 施釉の順番が、織部の半掛けをして、イラボを掛けましたが、イラボ、織部の方が掛け分けがスパッと綺麗になったでしょう。 でも、イラボに織部の掛かった部分も悪くはありませんね。

失敗 3: 掛け分けは良かったのですが、1:2のほうが良かったかなと思ってます。 織部 1、イラボ 2

失敗 4: タンパンが間に合いませんでした。 タンパンと黄瀬戸を考えていたのですが。

作品概要: 直径160mm 高さ15mm 厚み 3mm 重さ240㌘

      釉薬:織部、イラボ

コメント:
飛びカンナの文様が、両面ともに綺麗な作品です。 飛びカンナについて、素地に飛びカンナをかけると失敗はありません。 言ったのは、こういうことです。特に、織部や、飴釉などは綺麗に出ます。

 口縁の部分に少し歪みが出てますが、厚みが3mmほどですので、こんなもんでしょう。

飛びカンナ文様 小皿の作陶 25cm中皿 お釈迦の巻き

1kgの半磁土で、25cm程の花瓶を作りました。 明日のブログにでも書きます。
おとといから、電動ろくろで、お皿を作っていました。 土が固くて悪戦苦闘の結果、下の作品を作りました。
cimg3228この2点です。 左の小ぶりのお皿が直径15cm。 左が電動轆轤いっぱいの30cm位の作品です。
cimg3226
土は1.2kgくらいなんですが、ここまで伸ばすと、底の部分は7mm程度しかありません。 削って5mm。

これでもいいのですが、全体に釉薬を塗りたくて、つけ高台をしました。 紐作りの高台まで付けていい感じだったんですが、乾燥するにつけ、内側が上に膨らんで来ました。 少し乾燥が早かったようです。 どうも気に入りません。 この時点では乾燥がかなり進んでましたので、堅絞りのタオルを掛けて、やわらかくしました。 と言うより、柔らかにしようとしました。 最初は順調だったんですが、気持ちが急いでしまって、スプレイで布タオルの上から、水を散布。。少量なんですが。。順調にやわらかくなって来ました。

ここで、上から、軽い重石を載せて、平坦に戻すことにしました。 最初はかなり軽め、途中で少し重いものに交換。 そうしてテレビを見て、行ってみると、花瓶が下がってます。 布を取って見ると、高台から内側の部分が見事に、底に落ちてました。 考えてみると当たり前ですよね。 ゆっくりと水分を含ませ柔らかにした後、上下から、何かで挟んで、フラットにすべきでした。 バッカ見たい。。又、やった。

でも、本当はこの作品潰してしまおうかと迷っていたんです。 削りで、適当な台がなくて、プラントのプラスチックのお皿で削ったんですが、少し小さかったのと、粘土がやわらかくて、部分的に下がってしまいました。、締めてもとに戻したのですが、部分的に罅が出てしまいました。 修正はして問題はなかったのですが、こんな状況になると、もうだめです。。

今は粉々になって、ビニール袋に入ってます。 結果的に良かったと思ってます。。。再生して、25cmのお皿にします。 この方が大きさも適当ですね。
cimg3224

負け惜しみに聞こえるかも知れませんが、このお皿で出来は最高です。 お皿の両面に飛びカンナが施してあります。 この作品は、黄瀬戸を掛け、タンパンで装飾します。 線彫りはしてませんので、薄めのタンパンで”ぐい呑み手”の予定です。
cimg3225

黄瀬戸が飛びかんな文様を綺麗に浮かび上がらせてくれることを期待して。。。高台は削り高台です。。。

 

 

 

 


電動轆轤で作る 湯のみ & ぐい飲み 芯だしと削りの要領 Youtube


久々に電動轆轤を回して見ました。 陶芸の基本となる筒ものを2kgの土で作って見ました。 写真のように11点の作品です。
作陶も今日は調子がいいのか、いい感じで仕上がりました。 今までは、なんとなく作っていて、出来たものが作品なんですが、今回は結構フォルムや掌に気を使いながら。。cimg3022
陶芸の良さは、削りの質の良さで決まるように思います。 特に湯のみのような手に持つ作品は、その掌が大事ではないかと思います。 重くもなく、軽くもなく、そして、バランスの良いものでないと使う気にはなりません。

その大事な削りは、一度削って終わりではなく、数回削る方が良いと思います。 その為には、轆轤に載せたときの芯だしの技術は是非とも習得すべきでしょう。 これは、電動でも、手回しでも同じ事で、内側の形状に合わせて全体を同じ厚みで仕上げたり、又、口縁の仕上げも口当たりの良さや、内容物の流れがいいことなどありますね。

ちょうど、グラスにいろいろな用途にあったものがあるように。 陶芸は湯飲みに始まって湯のみに終わるとか聞いたことがありますが、たまには、湯のみを沢山作って見るのもいいのでは。。。でも作品が沢山出来すぎちゃいますけどね。。でも、いい作品はすぐに誰かがお持ち帰りになりますので、問題ないかと。。。

Youtube見てください。


バカ売れ陶芸作品 繁盛記 近所の奥さんたちに気に入れられ作品 長皿、形の変わった作品 誰でも出来るたたら作り


行方不明の超人気作品

年間数百点の作品を作っているはずなんですが、手元の在庫が少しずつ減って行って、ブログに載せようかなと思って作品を探してもありません。 『あれ~? あれどこ行った?』 家内『知らんよ。。。』『あれ、黒い奴で、点々の綺麗な文様の入ったやつ』、『ああ。。あれね。友達のAさんが持って行かはったわ。。。』『そんな。。あれ、俺のお気に入りだったのに。。』『良いじゃん。。又沢山作っといてね。。』これで終わりです。 人の苦労も知らんと。。とほほ。。 “バカ売れ陶芸作品 繁盛記 近所の奥さんたちに気に入れられ作品 長皿、形の変わった作品 誰でも出来るたたら作り” の続きを読む


楽しい陶芸  紐作りと筒上げ、削りの基本


陶芸の基本中の基本 紐つくり

陶芸の基本中の基本に、手回しろくろの紐作りがあります。この紐作りが出来れば、陶芸も一人前と言う事になりますが、長年陶芸をやっている人でも、この基本的な技法を習得出来ていない人がいます。 と言ってもそんなに難しい話ではありません。この紐作りは、縄文時代から使われている技法で、小さな湯のみから、大きなカメまでも出来る技法です。

CIMG0717

紐作りが出来れば、こんな作品も自由自在です。

粘土: 半磁土 白
釉薬: 石灰透明
化粧土: 黒
重量:480グラム 高さ: 150mm

“楽しい陶芸  紐作りと筒上げ、削りの基本” の続きを読む